最近の記事
header_logo.GIF

アラビア語・イラン進出ならお任せ下さい。

2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。


posted by Mark at 17:47| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料 by グローバルシー

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:41| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

イラン市民襲う経済制裁、生活困窮で「核問題よりパン」

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K2CF20120206?rpc=131

 □対イラン攻撃に関わる全ての国や土地が報復対象=革命防衛隊高官
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K2BE20120206?rpc=131

 □イラン当局、記者親族への脅迫をエスカレート=BBC会長
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K29X20120206?rpc=131

 □イスラエルのイラン攻撃、米大統領「決まったとは思わない」
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K28T20120205?rpc=131

 □原油輸出急減でも核開発は断念しない=イラン石油相
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K2AH20120206?rpc=131

 □中国がイラン産原油輸入削減を3月にも継続実施へ=関係筋
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K2DC20120206?rpc=131

 □特集・イラン情勢
 http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/iran?rpc=131
posted by Mark at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日イラン・イスラム共和国大使館・総領事館

イラン・イスラム共和国大使館
Embassy of the Islamic Republic of Iran in Japan
〒106-0047 港区南麻布3丁目13-9
電話:03-3446-8011、03-3446-8015
特命全権大使:セイエッド・アッバス・アラグチ 閣下
His Excellency Dr. Seyyed Abbas ARAGHCHI

posted by Mark at 01:10| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。